害虫に対する効果的なアプローチのために殺虫剤の種類をまとめました。

市販の殺虫剤の威力はどのくらい?

害虫対策はドラッグストアやホームセンターで売っている市販の殺虫剤を使って対処することができますが、威力はどのくらいなのでしょうか?

 

市販の殺虫剤の威力は、タイプと駆除する害虫の種類によって変わります。
期待できる威力や殺虫剤を上手に活用するポイントを理解すれば、市販品でも効率良く害虫駆除できますよ。

 

殺虫剤は大きく分けてスプレータイプ、個体タイプ、蒸気タイプがあります。種類別の効果と威力をまとめました。

 

 

スプレータイプ(液体タイプ)

虫を退治するための殺虫スプレー

液体タイプの殺虫剤は害虫に直接吹きつけて死滅するスプレー殺虫剤と、スプレーもしくは液体を塗布させて害虫を寄せつけない防虫剤の2種類があります。

 

スプレータイプの殺虫剤の威力は成分と害虫の種類によって変わってきますが、ゴキブリや黒アリなど歩いて移動することが多い害虫は威力が大きいです。

 

特にゴキブリ用の殺虫スプレーは性能が高く、瞬時に凍らせて逃げる隙すら与えないタイプなど速効性が高い商品が人気を集めています。
ゴキブリや屋外から侵入する黒アリが発生する家は必須アイテムですよ!
ハチなど飛んで移動することが多い害虫は効きにくいケースが多いので注意しましょう。

 

液体タイプの防虫剤は種類によって効果が変わりますが、大手メーカーから発売されている特定の害虫をターゲットにしたタイプは威力が大きいです。

 

ただし、害虫の通り道や住処など適切な場所で使わないと効果がありません。
シロアリなど人目に付きにくい場所にいる害虫は、素人が正しく駆除する難易度が高いので注意しましょう。

 

 

固形タイプ(ベイト剤)

ゴキブリを退治するためのベイト剤

固形タイプの殺虫剤は、毒餌で食べた害虫が巣に持ち帰って派生効果を発揮できるタイプが主流です。
商品によって威力が変わりますが、ゴキブリやシロアリは高い効果を期待できます。

 

特にゴキブリはキッチン周辺など発生しやすい場所に設置すれば高い確率で食いついて、高い効果を発揮します。
ゴキブリが頻繁に発生する場合、固形タイプの殺虫剤を活用するだけで発生頻度を大幅に減らすことができるでしょう。

 

シロアリ用の場合、市販品で駆除を目指す際にもっともおすすめできるアイテムです。
ただし、シロアリ駆除業者が使用しているプロ仕様のタイプに比べると威力が弱く、適切な場所に設置しないと効果を得られません。

 

一度チャレンジしてみる価値がありますが、一定期間経過してもシロアリの撲滅が確認できない場合は、被害が拡大する前に専門業者に相談してください。

 

 

蒸気タイプ(燻煙剤)

蒸気タイプの殺虫剤は燻煙剤(くんえんざい)とも呼ばれ、バルサンやアースレッドが定番商品です。
蒸気タイプの殺虫剤は主にゴキブリ、ダニ、シロアリ駆除で活用し、威力は次の通りです。

  • ゴキブリ → 発生しているゴキブリは効果大だが卵には効かない(卵が孵化する2~3週間後に繰り返し利用することで効果アップ)
  • ダニ → 表面にいるダニは殺せるけど、布団やクッションの内部にいるダニは効果が限定的(時間が経てば再び増殖する)
  • シロアリ → 市販の燻煙剤だけで絶滅させるほどの効果はないが液体タイプの殺虫剤との併用で効果アップ

このように、蒸気タイプの殺虫剤(燻煙剤)で完全に死滅させることは困難です。
ゴキブリの駆除であれば、繰り返し利用することで高い効果を発揮できます。

 

引っ越し先で使う場合は、荷物がない空き家の状態で使用して、その後に卵がありそうな場所をアルコールを使った拭き掃除をすると威力がアップします。
ダニやシロアリは一定の効果を期待できますが、確実に全滅させる威力がないことを理解して使用を検討してください。