シロアリ以外の害虫として、5つのタイプに分類した害虫をご紹介します。

シロアリ以外の害虫

私たちの生活に大きな被害をもたらす害虫と言えば、シロアリが最も有名です。
シロアリによる被害は非常に甚大で、放っておくと住宅の内部がすっかり浸食されてしまいます。
しかし、シロアリの被害もさることながら、それ以外の害虫による被害も決して無視することはできません。
実は私たちの身の回りには、生活に被害をもたらす様々な害虫が蠢いているのです。

 

最も身近な害虫「ゴキブリ」

ゴキブリによる害虫被害で喘息を起こす少女

シロアリ以外の害虫の中で私たちにとって最も身近な害虫はゴキブリです。
ゴキブリは冷蔵庫の裏、シンクの下、トイレ、キッチンなど、家の中のあらゆる場所に住み着いています。
「暗い・暖かい・湿度が高い・狭い」といった場所を好むのがゴキブリの習性で、それ故に人家に住み着くことになるわけです。
また、ゴキブリには繁殖力が非常に高いという特徴があります。
一度住処を確保するとあっという間に繁殖するため、1匹のゴキブリを見つけたら、その家には既に数十匹のゴキブリが住み着いていると考えられます。
さてそんなゴキブリですが、私たちには一体どのような害をもたらすのでしょうか?

 

まず、ゴキブリは食中毒の原因となる危険性があります。
ゴキブリの体表には大腸菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオなどの病原菌が付着しており、これが直接または間接に人間に触れることで食中毒の原因となる可能性があるのです。
次に、ゴキブリは喘息や皮膚炎の原因となる可能性も持っています。
ゴキブリの体液、死骸、糞には人体にとって有害な物質が多く含まれており、その中には喘息や皮膚炎を引き起こすものも含まれているのです。
この他にも色々な害がありますが、代表的なものとしてはこの2つが挙げられます。

 

シロアリ以外の害虫の分類

シロアリ以外の害虫と言っても、その種類は細かく見ていくと非常に膨大な数になります。
ここではそれらの全てを紹介するわけにはいきませんから、以下でそれぞれの害虫をいくつかのタイプに分類した上で紹介していきます。

 

不快害虫

見た目から人間に不快感を与えるのがこの不快害虫です。
不快害虫は一部の例外を除いて、人間に対して直接被害を与えることはありません。
不快害虫に該当する虫には、アリ、クモ、ゲジなどがいます。

 

食品害虫

ゴミに群がるアリ
食品に被害をもたらすことで間接的に人間に害を及ぼす虫を食品害虫と言います。
食品害虫は生鮮食品であれ加工食品であれ、食品であれば全てのものに被害をもたらします。
食品害虫に該当する虫には、ゴキブリ、ハエ、ヒラタムシ、チャタテムシ、シバンムシなどがいます。

 

衛生害虫

衛生害虫のハエ

人間の周りの衛星状態を悪化させることで疾病の原因を作り出す虫を衛生害虫と言います。
衛生害虫は人間に限らず、ペットにも健康被害をもたらすこともあります。
衛生害虫に該当する虫には、蚊、ハエ、ゴキブリ、蜂、ムカデ、ダニなどがいます。

 

その他のノミについてはこちら

 

財産害虫

建物や家具などの財産に対して被害を与える虫を財産害虫と言います。
シロアリもこの財産害虫に分類される虫の一種です。
財産害虫に該当する虫には、アリ、シバンムシ、カツオブシムシなどがいます。

 

貯穀害虫

米や小麦粉などの人家において貯蔵されている穀物に対して食害をもたらす虫を貯穀害虫と言います。
特に多いのは米に対する被害で、貯穀害虫に食い荒らされた米は健康被害の原因になる場合もあります。
貯穀害虫に該当する虫には、コクゾウムシ、キクイムシ、マメゾウムシ、カツオブシムシなどがいます。

 

シロアリと間違いやすい害虫

シロアリは主に木造家屋に住み着いて、木材を内部から食い荒らしていく害虫です。
こうした被害をもたらす害虫は基本的にシロアリのみですが、中にはシロアリとほとんど同じ被害をもたらす害虫も存在します。

 

それが、ヒラタキクイムシという害虫です。

「キクイムシ」という名前からも分かりますが、この害虫はシロアリ同様に木材の内部を食い荒らすという特徴を持っています。
ヒラタキクイムシが好むのは桐などの広葉樹や乾いた木材で、針葉樹には近寄りません。
繁殖力についてはシロアリと比べると若干弱いとされていますが、一度住処を作ると次々に卵を産み付けて増えていき、環境次第では大量に繁殖するということもあり得ます。

ですので、被害を食い止めるためには早期の対応が必要になります。
ヒラタキクイムシによる被害は、黄粉のような木屑と木材の表面に空いた穴がサインになりますので、この2つを見つけた際には早急に対処をしなければなりません。
また、家の周辺や屋内でヒラタキクイムシの姿(極小の茶色い甲虫)を見つけた場合にも、早めの対応が必要になります。

 

早めの措置が重要

シロアリやゴキブリを始めとした“害虫”と呼ばれる虫達は、非常に雑食性・繁殖性に優れており、放っておくと数千匹・数万匹へと増える可能性があります。
そのため、虫達には少々気の毒ではありますが、見かけたらすぐに駆除する事を強くお奨め致します。
なお、害虫駆除を専門とする業者は多く存在しておりますが、その効果や料金は千差万別です。
業者の技術力や保障によっては“一度メンテナンスしただけで5年間害虫が発生していない”という声も聞かれる程ですので、事前にしっかりとサービス内容や口コミ等をリサーチしておきましょう。

 

技術で選ぶシロアリ駆除